本文へ移動

【Bリーグ】シーホース三河が6連勝 残り1分半から長野が怒涛の3連続3Pシュート

2021年10月28日 07時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
残り1分半から3連続3Pシュートを決めた長野誠史

残り1分半から3連続3Pシュートを決めた長野誠史

  • 残り1分半から3連続3Pシュートを決めた長野誠史
  • 大事な場面で3Pシュートを決めたシェーファー アヴィ幸樹
◇27日(水) Bリーグ1部5節 三河81 - 71 茨城(ウィングアリーナ刈谷)

シーホース三河ホームゲーム5節
茨城ロボッツ戦
ケガ人が多く、中3日で迎えた茨城ロボッツとのB1初対戦。序盤からタフな我慢比べが続いたが、ガードナーが6本の3Pシュートを含む25得点で接戦に持ち込み、残り1分半から長野が怒涛の3連続3Pシュートで抜け出して10点差で勝利。6連勝を達成した。
◆1Q
三河 17–19 茨城
ガードナー 5本の3Pシュートで牽引
スターティング5は、#5コリンズワース、#18角野、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
#54ガードナーの3連続3Pシュートで先行するも、茨城は#2福澤の連続得点などで対抗。茨城に中外バランス良く得点され、追う展開が続く。
インサイドを崩せない中、#54ガードナーがこの10分でB1リーグ個人最多を更新する5本の3Pシュートを沈めて踏みとどまり、2点ビハインドで1Qを終える。
◆2Q
三河 38–37 茨城(三河 21–18 茨城)
柏木 個人通算5000得点達成、逆転して後半へ
スタートは、#3柏木、#7長野、#15根來、#19西田、#54ガードナー。
高さで優位に立ち、インサイドを強調する茨城に対し、#15根來が粘り強いディフェンスで対抗。シュートタッチ好調の#54ガードナーが6本目の3Pシュートを成功させると、開始4分には#3柏木が個人通算5000得点目となる3Pシュートを決めて同点に追いつく。さらに#19西田の3Pシュート、1on1からフェイダウェイの連続得点で試合をひっくり返す。
ファストブレイクから#32シェーファーがダンクを叩き込めば、茨城もすぐに#21ジェイコブセンのインサイドで反撃。終盤までワンポゼッション差の接戦が続き、2点ビハインドで迎えた残り33秒、#19西田のリバウンドで同点とすると、終了間際に#32シェーファーのアタックで逆転して、1点リードで前半を折り返す。
◆3Q
三河 54–52 茨城(三河 16–15 茨城)
西田 7得点も、我慢比べが続く
スタートは、#5コリンズワース、#18角野、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。
#19西田の3Pシュートで先制。#5コリンズワースがスティールから#19西田がファストブレイクを決めると、#32シェーファーがゴール下の合わせ、#54ガードナーのファストブレイクで6点のリードを奪う。
しかし茨城も#21ジェイコブセンを中心に食い下がり、なかなか突き放すことができない。#19西田、#54ガードナーのアタックで加点。残り3分、#5コリンズワースが1on1からねじ込んで再びリードを6点に広げるが、その後はオフェンスが停滞。茨城のファストブレイクを浴びるも、2点リードを保って最終Qを迎える。
◆4Q
三河 81–71 茨城(三河 27–19 茨城)
残り1分半から“長野フェスティバル”開催で6連勝達成
スタートは、#3柏木、#5コリンズワース、#7長野、#32シェーファー、#54ガードナー。
ミスマッチを生かして、#5コリンズワースを起点にオフェンスを展開。#5コリンズワースのリバウンドで先制すると、#5コリンズワースのアタックから#7長野が3Pシュートを射抜いて流れを引き寄せる。#3柏木も3Pシュートで続くが、茨城も#11タプスコットの連続得点などで粘り、ワンポゼッション差に迫られる。
残り2分半に#5コリンズワースがスティールからダンクをお見舞いして70-66と前に出ると、ファン・ブースターも「FLY AGAIN」で後押し。残り1分半、青援に背中を押された#7長野が3Pシュートを立て続けに射抜いてアリーナを揺らす。残り22秒には、#7長野がファウルを受けながら3Pシュートを決め切り、”4点プレー”でリードを二桁に乗せて試合を決定づける。終盤の#7長野の猛攻で突き放し、6連勝を飾った。
■シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント
「今日はお互いにタフなスケジュールの中での試合で、終始重い展開でしたが、4Qの最後5分にしっかり良いディフェンスができてオフェンスにつなげることができたと思います。
茨城さんはタフなチームなので、我々も気を引き締めてやっていたのですが、やっぱり途中まで茨城さんのペースになってしまって非常に苦しかったです。それでも最後しっかり、良いディフェンスからオフェンスにつなげて勝ててよかったと思います。」
■茨城ロボッツ リチャード・グレスマン ヘッドコーチ 試合後コメント
「結果としては非常に残念だったと思います。徐々にチームとしてはより良くなっていますし、選手たちもよいファイトを見せてくれました。ただ、最後のところでシュートを決められすぎてしまいました。三河さんは非常に素晴らしいチームだと思います。我々に足りないところがあったと思います。」

(シーホース三河のプレスリリースから)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ