本文へ移動

【中日】小笠原「ボクは欲の塊ですから」投球フォーム課題スラスラ出るわ出るわ

2021年10月28日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ナゴヤ球場を訪れた小笠原

ナゴヤ球場を訪れた小笠原

 中日・小笠原慎之介投手(24)が初の規定投球回到達から一夜明けた27日、ナゴヤ球場で取材に応じた。右手の使い方から、体重移動、腕と頭の距離…。秋の課題を次から次へと挙げた『欲ばり慎ちゃん』が自主練習、来月上旬からの秋季キャンプに臨む。
 夏ごろから秋のメニューを考えていた。まず挙げたのはメディシンボール。トレーニングの動画サイトで、陸上・砲丸投げの選手を見つけた。「腕だけでは投げられないので、全身を使ってタイミングよく力を伝える練習になると思います」
 メディシンボールを使ったトレーニング自体は行ってきた。下から上、左右、上から下への動きに加えて、投げる動作を取り入れたい。
 投球フォームに話題が及ぶと、間髪入れずに出るわ出るわ。「右手の壁と、体重移動と、左の股関節に体重をしっかり乗せることと、右足が着いてからの間と、力んで腕が遠回りするのもなくしたいです。ボクは欲の塊ですから」。あれもこれも改善点になる。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ