本文へ移動

日本ハム稲葉新GM「しっかりチームを立て直していくぞという強い気持ち」

2021年10月27日 19時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
会見で川村浩二球団社長兼オーナー代行とグータッチを交わす稲葉篤紀GM(右)

会見で川村浩二球団社長兼オーナー代行とグータッチを交わす稲葉篤紀GM(右)

 日本ハムは27日、球団OBで、野球日本代表「侍ジャパン」監督としてチームを東京五輪金メダルに導いた稲葉篤紀さん(49)のGM就任を発表した。稲葉新GMは同日午後、札幌ドームで記者会見し「責任の重さに身が引き締まる思い。未来に向けてチームをしっかりとつくり上げていきたい。強いファイターズをつくっていきたい」と抱負を語った。
 稲葉新GMの言葉に力がこもった。「『絶対強くしてやろう。やってやろう』という気になりました」。打診を受けたときは「正直、びっくりした」と言うが、もう迷いはない。3年連続Bクラスと低迷する古巣・日本ハムの復活に野球人として培った経験を全てささげる。
 「長い間強くいられるというところを目指さないといけない。心の底から『ファイターズって本当に強いチームだよね』『いいチームだよね』と応援されるチームを目指していかなければ」
 逆風の中での船出は覚悟している。現在、日本ハムが掲げるチーム方針は「スカウティングと育成で勝つ」。しかし、ここ数年は若手選手の伸び悩みが指摘されているほか、得点力不足も深刻だ。しかし、稲葉新GMは全くひるんではいない。
 会見では育成の重要性を何度も強調。チーム方針をしっかり築くため、侍ジャパンの時と同様に選手と密なコミュニケーションを図る。そのためにまずは今月末まで宮崎県内で行われる秋季教育リーグを視察し、11月3日に始まる沖縄県国頭村での秋季キャンプに参加する。
 「選手たちとたくさんコミュニケーションを取りながら、しっかりチームを立て直していくぞという強い気持ちでいます」。最終的に目指すのは自らが在籍した時のような“北の常勝軍団”。稲葉新GMの新たな挑戦が始まる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ