本文へ移動

【MLB】大谷翔平の特別表彰トロフィーはティファニー特注 賞創設のきっかけは“鉄人”リプケン

2021年10月27日 17時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
コミッショナー特別表彰を受賞、笑顔を見せるエンゼルス・大谷翔平(AP)

コミッショナー特別表彰を受賞、笑顔を見せるエンゼルス・大谷翔平(AP)

 エンゼルスの大谷翔平選手(27)は26日、ワールドシリーズ第1戦が行われたヒューストンのミニッツメードパークで、大リーグのマンフレッド・コミッショナーから史上16人目の「MLBヒストリック・アチーブメント(歴史的偉業)賞」(コミッショナー特別表彰)を授与された。
 同賞は「野球界に大きな影響を与えた」選手やチーム、関係者に贈られ、2015年の同コミッショナー就任以降では初めての授与。アジア出身選手では05年のイチロー(当時マリナーズ)以来2人目。
 大リーグ公式サイトによれば、大谷に贈られたトロフィーは、大リーグ機構が宝飾品ブランドのティファニーに特注した逸品で、柱状のベースはスターリングシルバー、その上に乗ったボールは金でできている。
 同賞は1998年、セリグ前コミッショナーが“鉄人”カル・リプケンJr.のメジャー記録、2632試合連続出場を表彰するために創設。それ以降の受賞者は同年のマーク・マグワイア(70本塁打)とサミー・ソーサ(66本塁打)。01年マリナーズ(メジャータイ記録のシーズン116勝)、同年のバリー・ボンズ(メジャー記録の73本塁打)。04年ロジャー・クレメンス(300勝、7度目のサイ・ヤング賞)。05年イチロー(04年にメジャー新記録の262安打)。06年ロベルト・クレメンテ(72年に震災救援の飛行機で墜落事故死)。07年レイチェル・ロビンソン(亡き夫ジャッキーが黒人選手の草分けとしてメジャーデビューしてから60周年)。11年ケン・グリフィーJr.(通算630本塁打)。13年マリアノ・リベラ(メジャー記録の通算652セーブ)。14年ビン・スカリー(65年間のドジャース中継アナウンサーを引退)、同年のデレク・ジーター(ポストシーズン記録の通算200安打、111得点、302塁打)。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ