本文へ移動

【ロッテ】左脇腹痛の田村龍弘はCS出場絶望的 井口監督「(全治)4、5週というところ」

2021年10月27日 17時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
24日の試合で左中間に先制の適時二塁打を放ったロッテ・田村

24日の試合で左中間に先制の適時二塁打を放ったロッテ・田村

 左脇腹の筋肉を痛めて出場選手登録を抹消されたロッテの田村龍弘捕手(27)について、井口資仁監督(46)は27日、楽天生命パーク宮城で行われる楽天戦の試合前に代表取材に応じ、クライマックスシリーズ(CS)への出場が絶望的となったことを明かした。
 「(全治)4、5週というところ。脇腹なのであまり無理できない」と話し、戦列に復帰できたとしても日本シリーズになるという。
 痛めたのは25日に行われたソフトバンク戦(ZOZOマリン)の試合前練習中で、26日に受けた精密検査で左内腹斜筋損傷と診断された。「打撃練習中に本人は大丈夫と言っていたが、病院に行ったら思いのほか良くなくて抹消となった」と経緯を説明した。
 正捕手離脱に伴い、スタメンマスクを任される機会が多い加藤匠馬のほか、柿沼友哉、佐藤都志也の3捕手で、リーグ優勝がかかるシーズン最終盤と、CSを戦うことになった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ