本文へ移動

【日本ハム】稲葉篤紀新GMが会見「強いファイターズをつくっていきたい」

2021年10月27日 17時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
就任会見で川村球団社長兼オーナー代行とグータッチをかわす日本ハムの稲葉篤紀GM(右)

就任会見で川村球団社長兼オーナー代行とグータッチをかわす日本ハムの稲葉篤紀GM(右)

 日本ハムの新しいゼネラルマネジャー(GM)に就任した前野球日本代表「侍ジャパン」監督の稲葉篤紀さん(49)が27日午後、札幌ドームで会見。「(自分の)経験とチームの強化方針である『スカウティングと育成』を融合させて、未来に向けてチームをしっかり作り上げていきたいと思います。強いファイターズをつくっていきたい」と抱負を語った。
 この日は会見前、札幌ドームで行われたチームの全体練習に顔を出し、栗山英樹監督(60)や小笠原道大1軍ヘッド兼打撃コーチ(48)とも言葉を交わした稲葉新GMは球団からの要請について「ビックリした」とコメント。しかし、今はGMの職務にやりがいを感じているようで「絶対に強くしてやろう」と決意。そのために、侍ジャパン監督のときと同じように選手としっかりコミュニケーションをとるという方針を表明した。
 今後は今月末まで宮崎県内で行われている秋季教育リーグを視察した上で、11月3日から沖縄・国頭村で行われる秋季キャンプにもスーツを脱いで参加する予定。目指すチーム像を聞かれた稲葉新GMは「常勝軍団もそうですし、長い間強くいられるというのを目指さないといけない」と意気込みを語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ