本文へ移動

【巨人】原監督が敵地・甲子園CSに不敵 2010年の突破再現狙う「どういう条件でもしっかり戦います」

2021年10月27日 16時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
原監督

原監督

 巨人・原辰徳監督が敵地・甲子園に乗り込むクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージに向け舌なめずりだ。
 27日にヤクルトのリーグVを飾り、相手は阪神に決定。心構えはチャレンジャー? と聞かれた原監督は「もちろんそうですよ。その辺のところはもう少し時が来れば、きちっとした表現になると思いますよ」と切り出した。
 甲子園でのCSは2010年のファーストステージで戦っており、その時は2戦2勝でファイナルに進出。指揮官もその際を思い出すように「甲子園でクライマックスはやったことがある。われわれは3位で滑り込んだ。どういう条件でもしっかり戦います」と猛虎退治で、2010年の再現を狙う。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ