本文へ移動

カツオ窃盗、4人再逮捕へ 別の数トン盗んだ疑い

2021年10月27日 16時00分 (10月27日 16時00分更新)
 焼津港(焼津市)で水揚げされたカツオを無断で抜き取った窃盗の疑いで焼津漁協職員ら四人が逮捕された事件で、県警が別のカツオの窃盗に関わったとして、同漁協職員の吉田稔容疑者(40)=焼津市東小川二=ら四人を再逮捕する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かった。
 四人は吉田容疑者のほか、水産加工会社「カネシンJKS」(同市浜当目)常務取締役の奥山善行(47)=藤枝市藤枝四、いずれも運送会社「焼津港湾」(焼津市野秋)社員の白鳥賢(さとし)(47)=同市本中根、杉山智良(43)=同市田尻北=の三容疑者。
 再逮捕容疑では、焼津港の魚市場で、いずれかの時期に冷凍カツオ数トンを盗んだとされる。
 四人は、四月三十日に、共謀して焼津港の魚市場で、冷凍カツオ約四トンを盗んだ疑いで既に逮捕されている。

関連キーワード

おすすめ情報