本文へ移動

【日本ハム】新GMに元侍ジャパン監督・稲葉篤紀さん就任 盟友・新庄剛志さんとタッグで北の大地から旋風巻き起こす?

2021年10月27日 10時35分

このエントリーをはてなブックマークに追加
稲葉篤紀さん

稲葉篤紀さん

 日本ハムは27日、チームOBで、今夏の東京五輪で金メダルを獲得した野球日本代表「侍ジャパン」を9月末まで率いていた稲葉篤紀さん(49)が、ゼネラルマネジャー(GM)に就任することが決まったと発表した。球団のスポーツ・コミュニティー・オフィサー(SCO)は引き続き務める。また、現任の吉村浩GM(57)は兼務していたチーム統轄本部長の職務に専念する。
 札幌ドームへの本拠地移転後初の3年連続Bクラスが決まっているチームは、栗山英樹監督(60)の今季限りでの退任することが決定。後任の有力候補として、チームOBの新庄剛志さん(49)の名前が挙がっているが、4代目のGMとなる稲葉さんは選手の育成やスカウティングなどの編成の面で札幌ドーム最終年の来季や新本拠地「エスコンフィールド北海道」が開場する予定の2023年に向け、チームをバックアップする。
 稲葉さんは愛知・中京高(現中京大中京高)から法大を経て1995年にドラフト3位でヤクルトに入団。05年にFAで日本ハムへ移籍した後は07年に首位打者と最多安打を獲得したほか、4度のパ・リーグ優勝や06年の日本一に貢献。14年の現役引退まで通算2167安打、261本塁打、1050打点という成績を残した。17年7月から日本代表監督を務め、19年「プレミア12」と東京五輪で優勝した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ