本文へ移動

5度宙を舞ったヤクルト高津監督は当初の22回胴上げ案を断っていた

2021年10月26日 23時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
セ・リーグ優勝が決まり、胴上げされるヤクルト・高津監督

セ・リーグ優勝が決まり、胴上げされるヤクルト・高津監督

◇26日 DeNA1―5ヤクルト
 6年ぶりの優勝で、ヤクルト・高津臣吾監督(52)は選手たちの手で5度宙を舞った。
 優勝後の会見で胴上げが5回になった理由についてキャプテンの山田哲人内野手(29)は「監督が5回でいこうと言ったので、じゃあ5回でとなった」と明かした。5回と発案した高津監督は「何の意味もなくて、何回するっていったら田口(麗斗)が22回するといったので、その場で5回にしてくれといいました」と説明した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ