本文へ移動

K―1王者・武居由樹、森且貴&保田克也“全勝トリオ”で水戸入り 八重樫東トレーナーと合宿【ボクシング】

2021年10月26日 13時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
水戸合宿を行う(左から)武居、八重樫トレーナー、森、保田(大橋ジム提供)

水戸合宿を行う(左から)武居、八重樫トレーナー、森、保田(大橋ジム提供)

 ボクシングの大橋ジムに所属する元K―1王者の武居由樹(25)、日本ミニマム級4位の森且貴(21)、同ライト級8位の保田克也(29)の3選手が、元世界3階級王者の八重樫東トレーナー(38)とともに26日までに水戸市で合宿に入った。武居2戦全勝(2KO)、森9戦全勝(2KO)、保田8戦全勝(5KO)という全勝トリオだ。
 合宿中は同市内のBOY'S水戸ジムでジムワークも行う予定。同ジムを率いる元日本スーパーフライ級王者の中島俊一会長は、大橋ジム・大橋秀行会長のヨネクラジム時代の先輩にあたる。大橋会長は「中島俊一会長、ありがとうございます。現役の時は火の出るようなスパーリング。思い出します!」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ