本文へ移動

阪神逆転Vへ勝つしかない!今季最終戦・甲子園決戦へ矢野監督「オレらの野球、タイガースの野球貫く」

2021年10月26日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・矢野監督

阪神・矢野監督

 今季のリーグ最終戦となる中日戦(甲子園)を翌日に控えた阪神は25日、甲子園球場に隣接する屋内施設で練習した。逆転優勝の可能性に大きく影響する一戦を前に、矢野燿大監督(52)は「オレたちの野球」にこだわることを強調した。
 「勝つことが大事というのは全員が分かってること。いつも言うけど、オレらの野球、タイガースの野球っていうのを貫くということも、勝つことと同じくらい、もしかしたらそれ以上に大事にしたい部分なんで」
 練習前、選手にはあらためてチームの指針を示したという。「勝ちたいという思いだけでいくと怖さも出る。一歩踏み出せなかったりとか、そういうのはオレたちの野球じゃない。失敗を恐れずに挑戦してもらいたい」。求めたのは積極姿勢だった。
 阪神が中日に負ければ、ヤクルトは同日のDeNA戦を引き分け以上で優勝が決まる。阪神が引き分けても、ヤクルトが勝てば胴上げとなる。中日戦に勝って全日程を終え、ヤクルトの結果待ちとしたいところだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ