本文へ移動

インテリア 無人店舗開業へ 金沢・東急スクエア 学生が内装デザイン

2021年10月26日 05時00分 (10月26日 09時51分更新)
「ウェルスプリング」の無人店舗内の壁に絵を描く金沢学院大芸術学部の学生ら=金沢市で(香林坊東急スクエア提供)

「ウェルスプリング」の無人店舗内の壁に絵を描く金沢学院大芸術学部の学生ら=金沢市で(香林坊東急スクエア提供)

 金沢市の香林坊東急スクエア一階に、インテリアショップ「ウェルスプリング」(石川県野々市市)の無人ショップがオープンする。新型コロナウイルスの感染予防のため、店員との接触を避けたいというニーズに応える。
 展示された家具のパネルに記載されたQRコードをスマートフォンなどで読み取ると同社のサイトにつながり、商品を説明する動画が流れる。電子決済サービス「ストアーズ」を使って購入が可能で、後日、自宅に配送される。
 インターネットショッピングの利用が増えても、家具は実物を見てから購入したいというニーズは引き続き高いという。店員の接客が苦手という人にも、自分のペースでゆっくりと商品を選んでもらう。
 コロナ禍で作品発表の場が減った芸術系学部の大学生を応援するため、内装のデザインは金沢学院大芸術学部の学生に依頼した。壁一面に窓や観葉植物、照明などの絵が描かれている。
 東急スクエアの担当者は「21世紀美術館も近くアートの街にふさわしい店づくりを、地元のインテリアショップと取り組んでいきたい」と話した。 (高岡涼子)

関連キーワード

おすすめ情報

ほくりく経済 政治の新着

記事一覧