本文へ移動

長嶋茂雄さんらに文化勲章 野球界への多大な貢献「野球界で初めてという何ともいえない気持ちでいっぱい」

2021年10月26日 11時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
長嶋茂雄終身名誉監督

長嶋茂雄終身名誉監督

 政府は26日、2021年度の文化勲章を巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(85)ら9人に贈ると発表した。文化功労者には歌手の加山雄三(84)ら21人を選んだ。文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は同4日に東京都内のホテルで行われる。
 ミスターに新たな栄誉が届いた。政府から本年度の文化勲章を贈られた。「ありがとうございます。みなさんのおかげで(賞を)もらったということは非常にうれしい気持ちです」。心からの喜びを口にした。
 野球界では初めて。スポーツ界でも、「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた水泳の古橋広之進さん以来2人目だ。「古橋さんとは僕も会ったことがあり、うれしい気持ちを思い出しました。僕の場合は野球界で初めてということなので、何ともいえない気持ちでいっぱいです」とかみしめた。
 選ばれた理由はもちろん、長年にわたる野球界への多大な貢献。巨人の「背番号3」を背負った現役時代は、1959(昭和34)年の天覧試合でのサヨナラ本塁打をはじめ、語り尽くせないくらいの劇的な活躍の連続。「燃える男」「ミスタープロ野球」と呼ばれ、国民的ヒーローだった。巨人監督は通算15年間勤め、リーグ優勝5回、日本一2回。巨人のみならず、球界全体で唯一無二の大きな存在だった。
 04年アテネ五輪では日本代表監督。直前に脳梗塞を患い本選で指揮は執れなかったが、精神的支柱として銅メダル獲得に貢献した。今夏の東京五輪では王貞治さん、松井秀喜さんとともに聖火リレーに参加し、大会の盛り上げにも貢献した。それらすべてを評価された。05年に文化功労者表彰、13年には国民栄誉賞受賞。かつて「野球とは人生そのもの」と語った野球で、今度は文化勲章の栄誉が届いた。
 現在の長嶋さんにとって野球とは―。そんな質問には「日本のスポーツの中で野球というものはやっぱり、何ともいえないスポーツだと思っています」と答えた。そして「いろんなスポーツがありますが、そういう違いがあるからこそチャンスが生まれ、またみなさんが一生懸命やるようになると思いますね。野球界のみならず、日本のスポーツも全般的に盛り上がっていけばいいと思います」と続けた。
 五輪への思いも言及。「オリンピックはまず世界のスポーツであるという気持ちでいっぱいですね。ましてや、昭和39年に初めてやったスポーツの祭典が、2度日本でやったということは素晴らしいことだと思いました。何とも言えない気持ちでいっぱいでありました」と語った。
 最後に、3位でシーズンを終えた巨人に対して「まだ(日本一への道は)残っておりますね。一生懸命、頑張ってやってもらわないと、そう思います」と、下克上日本一へのエールを送った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ