本文へ移動

「ゆるキャン△」舞台 浜名湖で聖地巡礼サイクリングツアー

2021年10月26日 05時00分 (10月26日 05時00分更新)
作品にも登場する弁天島海浜公園で出発式をする参加者=浜松市西区で

作品にも登場する弁天島海浜公園で出発式をする参加者=浜松市西区で

 浜松市出身の漫画家あfろ(あふろ)さんの作品「ゆるキャン△」の舞台となった浜名湖周辺を巡る「聖地巡礼ガイドサイクリングツアー」が二十四日、浜松市西区の弁天島海浜公園を発着点に開かれた。男女十人が爽やかな秋空の下、作品に登場する風景を楽しみながら約三十三キロを走った。 (山本晃暉)
 作品は、浜松市から山梨県へ引っ越した女子高校生が、富士山の麓で一人キャンプをしていた主人公の女子高校生と出会い、キャンプの魅力を知ることからストーリーが展開する。女子高生たちのゆるやかな日常とキャンプに関するトリビアを説明する作風が人気となり、今年に入りアニメとドラマが放映された。二〇二二年には映画の公開も予定されており、注目が集まっている。
 参加者らはガイドサイクリストの先導で、同公園を出発。モデル地となった渚(なぎさ)園キャンプ場や浜名大橋などを約三時間かけて巡った。赤鳥居の中に沈む夕日のシーンが印象的な弁天島沖の無人島「いかり瀬」にも湖上遊覧をして立ち寄った。参加した礒田陽子さん(同市東区)は「サイクリングを通じて、普段は知らない浜名湖周辺の景色を見ることができて楽しい時間だった」とほほ笑んだ。
 はままつペダル推進協議会が主催。十一月七日には、同作の舞台にもなった舘山寺温泉街などを巡る「奥浜名湖コース」のツアーが開催される。(問)同会=053(458)3480

関連キーワード

おすすめ情報