本文へ移動

複雑性PTSD考慮で冒頭のみ発言…眞子さまと小室圭さん結婚会見に「であれば中止した方が…」と気遣う声

2021年10月25日 20時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小室圭さん

小室圭さん

 宮内庁は25日、秋篠宮家の長女眞子さま(30)と、大学時代の同級生・小室圭さん(30)が26日の婚姻届提出後に予定している記者会見について、2人の発言は冒頭のみとし、宮内記者会などが事前に提出していた質問には文書で回答すると明らかにした。このことが各社で報道されるとSNSでは「いや、であれば中止した方が良いと思います。なんかイタイタしすぎる…し、意味もない」「無理して会見しなきゃ良いのに。また変な揚げ足取られるだけやと思う」などさまざまな声が上がった。
 文書は会見場で配られ、配布後に2人は退席、追加質問は受け付けない。宮内庁は事前質問に眞子さまが強い衝撃を受けられたなどと説明し、複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)の診断を受けている眞子さまの体調を考慮し、医師とも相談して決めたとしている。
 ツイッター上では「それがいい。またゴチャゴチャ言う人たちが湧くだろうけど、そんなの放っておいていい。心から『おめでとうございます』と幸せを願っていることをどうやったらお2人に伝えられるかな」という声がある一方「婚姻届提出しました。の報告だけかな」「文書では何も伝わりませんが、しかたないですね」「回答文書を記者に配って退席か。別の意味でなかなか見られない会見になりそう…」「これでは『誹謗中傷』が続くでしょう」などの声も相次いだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ