本文へ移動

【大相撲】部屋頭石浦らが合同稽古 元横綱白鵬・間垣親方の引退に「そんなびっくりではかった」「みんなを引っ張っていけたら」

2021年10月25日 19時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
石浦

石浦

 大相撲九州場所(11月14日初日・福岡国際センター)へ向けた合同稽古が25日、東京・両国国技館内の相撲教習所で始まった。
 先月30日に兄弟子の元横綱白鵬(間垣親方)が引退し、部屋頭となった幕内の石浦(31)=宮城野=も参加。霧馬山、阿武咲らと8番の申し合いを行い「部屋頭になるのでみんなを引っ張っていけたら。自分もお手本となるような言動を心がけようと思っています。まわりに言われて気づいたんですが、みんなで頑張っていけたら」と自覚をにじませた。
 間垣親方からはすでに部屋の稽古で指導を受けている。「まわしを巻かれてないのは変な感じがしますけど。稽古場はみんな緊張感を持ってできている」という。
 間垣親方は10連勝した7月の名古屋場所10日目に引退を決断し、部屋の力士たちに伝えた。そう聞いたときは「場所前から横綱の稽古を見ていたら、もしかしたらというのはあった。そんなびっくりではかった」と予感はあったという。
 今は、あらためて間垣親方に教わってきたことを実感している。「一番は基礎運動。プロに入る前から基礎運動の大切さは教わってきたけど、大横綱が一番大事なんだといって自分でも実践されてきた。部屋の中で四股を踏んで一番汗をかかれていた。ぼくらも負けないようにやってますけどすごいですよね」。間垣親方がやってきたことを引き継いでいく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ