本文へ移動

「近年の日本で最高の打者」広島・鈴木誠也のメジャー挑戦に米メディアが注目

2021年10月25日 17時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島・鈴木誠也

広島・鈴木誠也

 広島の鈴木誠也外野手(27)が、今オフにもポスティング・システム(入札制度)を用いてメジャー挑戦する可能性が高くなったと報じられ、各国メディアもこれに注目している。ベネズエラの野球サイト、エル・フィルデオは「鈴木誠也を紹介しよう。日本のスターは2022年にも大リーグへ」の見出しで特集。「鈴木誠也は近年の日本で最高の打者と目されており、2022年に大リーグへ行く」と、既にメジャー挑戦を既定路線として報じた。
 さらに「FAとして、世界中のどのチームとも交渉が可能だ。長打力があるホームランヒッターで、同時に間違いなく率も残せる。ただし、大リーグはより厳しい世界なので、打者の成績は少し落ちる傾向がある」。実際には、鈴木が国内FA権を得るのは順調にいっても来オフの22年で、海外FAとなるのは23年のオフになる。
 また、カナダのフランス語圏の大リーグニュースサイト、パッションMLBも「鈴木誠也は来年に大リーグでプレーする可能性がある」と報道。米移籍情報サイト、MLBトレードルーモアズの「広島、鈴木誠也の大リーグ移籍のため、ポスティングシステムを利用する可能性も」とのツイートを添付した上で、「彼の名前は、既に日本プロ野球で最高の価値がある選手の1人として取り沙汰されている」と伝えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ