本文へ移動

へずまりゅうSNS引退示唆「迷惑系なんかで有名になりたくなかった」1万票届かず…6809人には感謝

2021年10月25日 17時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
へずまりゅう(本人のTwitterから)

へずまりゅう(本人のTwitterから)

 24日に投開票された参議院山口選挙区補選に「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」公認で立候補し、落選した迷惑系ユーチューバーへずまりゅう(30)が25日、ツイッターを更新。投票した6809人への感謝とともに、「SNS継続ライン」の1万票に得票が届かず、引退することを示唆した。
 「皆様今まで世間を騒がせ申し訳ございませんでした。今回の選挙に出馬するにあたり身内に反対されました。1万票入らなければ引退と言う約束で出馬しました。今回6809票入れてくれた皆様ありがとうございました」と感謝の思いをつづり、続けて「迷惑系なんかで有名になりたくなかった。クリーンな形で活躍したかった。さようなら。ありがとう」とフォロワーへの別れを告げた。
 へずまりゅうは昨年、スーパーで会計前の魚の切り身を食べた窃盗などの罪に問われ、今年8月に名古屋地裁岡崎支部から保護観察付きの執行猶予がついた一審判決を言い渡されて控訴。今回の補選に立候補していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ