本文へ移動

無我の境地で再び覚醒!茅原SG2度目Vへ全力 SGボートレースダービー開幕迫る

2021年10月24日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2度目のSG優勝を目指す茅原悠紀

2度目のSG優勝を目指す茅原悠紀

 考えるな感じろ! 無我の境地で再び覚醒し始めた。2006年にデビューして、14年のグランプリを6コースから優勝。革命児の出現にボート界は沸きに沸いた。その後も一線級での活躍を続けてはいるが、SG優勝はこのときだけ。峰竜太や毒島誠らが座しているレーサーの頂点にはいない。勝利への渇望が強く、ハングリーな気持ちが焦りとなり“レースの荒さ”が進化を妨げていたが、全くの別人だったのが10月。多摩川67周年だった。
 「もう何も考えずにレースをする。自分の本能のままに走る」と鮮やかな4カドまくりでV。直前の児島69周年でも予選2位通過で優出。レースの組み立てとハンドルさばきに荒さは一切なく、そのターンは優美で華麗だった。フロー状態になることによって、ばらばらだった成功へピースがかみ合い、覚醒のパズルは完成した。今の茅原なら、2度目のSG戴冠はあっさりと手が届く位置にいる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ