本文へ移動

【J1名古屋】先制点演出の相馬「結果を出せたのはよかったが…チームが勝たなければ意味ない」

2021年10月25日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前半、ゴール前へクロスを送り、前田の先制点をアシストする名古屋・相馬(右)

前半、ゴール前へクロスを送り、前田の先制点をアシストする名古屋・相馬(右)

◇24日 J1第33節 名古屋2―2神戸(豊田スタジアム)
 相馬が完璧な動き出しで先制点を演出した。前半6分、自陣右サイドでシャビエルがボールを持つと「逆(サイド)のスペースは狙っていた」と左サイドでボールを要求。相手DFラインの裏へ抜けだし、前田のゴールをお膳立てした。
 ここ最近精彩を欠いていたものの、この日はアシストでチームに貢献。「結果を出せたことはまずよかったが、チームが勝たなければ意味がない。もっとチームを勝たせられる選手になりたい」と決意を語った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ