本文へ移動

立民・国民推薦の山崎真之輔氏が当選確実 参院静岡選挙区補選

2021年10月24日 23時14分 (10月25日 01時24分更新)
 岸田政権発足後初の国政選挙で、衆院選の前哨戦として注目された参院静岡選挙区補選は24日、投開票され、無所属新人で前県議の山崎真之輔氏(40)=立民、国民推薦=が、自民新人で前御殿場市長の若林洋平氏(49)=公明推薦、共産新人で党県常任委員の鈴木千佳氏(50)を破り、初当選を確実にした。
 今回の補選は6月の知事選に立候補した自民前職の辞職に伴う。岸田文雄首相が2度、県内入りするなど与野党の要職が駆けつけ、激しい選挙戦となった。

関連キーワード

おすすめ情報

政治の新着

記事一覧