本文へ移動

内村 着地ピタリに喝采「会心の一撃を出せた」進退には「これを区切りにする必要もないかなとも思う」【世界体操】

2021年10月24日 22時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鉄棒の演技を終えた内村航平

鉄棒の演技を終えた内村航平

◇24日 体操・世界選手権 種目別決勝 男子鉄棒(北九州市・総合体育館)
 男子鉄棒の内村航平(32)=ジョイカル=は着地をピタリと決めて会場の喝采を浴びた。内村は「リオデジャネイロ五輪の個人総合で金メダルをとったときの感じに近い。会心の一撃を出せた」。細かいミスがあり順位は6位にとどまったが、「東京五輪後にいい練習ができていない中、これ以上ない演技ができた」と満足感を示した。
 注目されている進退については、「今は何とも言えない。相当考えて決めないと。でも、これを区切りにする必要もないかなとも思う。分からない」と述べた。体を休めつつ、今後の競技生活について熟考する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ