本文へ移動

グラビアもできる演歌歌手「紅白に出る」夢へ望月琉叶 初の有観客公演

2021年10月24日 17時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加

望月琉叶

 アイドルユニット「民族ハッピー組」のメンバーで、昨年7月に“グラビアもできる演歌歌手”としてデビューした望月琉叶(るか、25)が24日、東京都内でコロナ禍を乗り越えて初の有観客キャンペーンを行い、計3回で延べ90人のファンを魅了した。
 今年4月に発売したセカンドシングル「面影・未練橋」は、デビュー作に続き2作連続オリコン週間演歌歌謡曲ランキング1位になるなど注目を集めている期待の新人。
 会場では抗原検査キットで陰性のファンのみが入場するなどコロナ対策を徹底。望月は、初の有観客に「今日初めてお客さまを入れてのコンサート。喜びを今かみしめている」と笑顔を見せ、セカンドシングルなど4曲をそれぞれ熱唱した。
 将来の夢は「NHK紅白歌合戦に出ることです」とキッパリ。グラビア活動との両立については「どちらも100%で。グラビアで見せ方を勉強しつつ、演歌に生かしたい」とし、将来的には「ビキニで演歌を歌う」「グラビア撮影会とコンサート、ダンスもできたら」とプランを口にした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ