本文へ移動

黒谷友香、別荘“内見バトル” 2022年1月、主演舞台「あの子より、私。」 息子役にジャニーズJr.ユニット「IMPACTors」基俊介

2021年10月25日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舞台「あの子より、私。」に主演する黒谷友香

舞台「あの子より、私。」に主演する黒谷友香

 女優の黒谷友香(45)が来年1月15~27日に東京・よみうり大手町ホール、2月5、6日に大阪・サンケイホールブリーゼで上演される舞台「あの子より、私。」に主演することが決定した。
 物語は、あらゆる世界の成功者が別荘を構えるという、人気エリアの「別荘地見学会」に参加した3組の家族の母親たちが、理想の物件をめぐって繰り広げる“内見バトル”を描く。少しずつお互いの事情や内面が見えてくるにつれて、こじらせ女子たちは他人と比べて自分の価値を知り、「あの子より幸せな女に見られたい」と願う。チクっと笑えてかわらしい大人たちのコメディーだ。
 テレビ朝日系ドラマ「年下彼氏」などを手掛けた脚本家で演出家の岸本鮎佳さんの書き下ろしによる新作で、岸本さんは演出も担当。黒谷は別荘地見学会に参加する家族のうち、誰もが憧れる理想的な家族の母親・兎谷夕美(とがい・ゆうみ)役を演じる。元モデルのカリスマ美容家で、アメリカのホームドラマに出てくるような大きくて、明るい家に住むのが夢という役どころだ。
 夕美の息子・彗(けい)役には、ジャニーズJr.ユニット「IMPACTors」の基俊介(25)を起用。共演はほかに見学会へ参加するシングルマザー役の遊井亮子(45)をはじめ、松岡依都美(41)、しゅはまはるみ(47)、ピアニストの高木里代子(37)ら個性派が顔をそろえる。
 故つかこうへいさんに見いだされ、2005年から07年まで舞台「熱海殺人事件」の主演に挑み、19年と今年は宮本亞門さんが演出する舞台「画狂人 北斎」に主演した黒谷は「これまで舞台では、つかこうへい先生、宮本亞門先生とご一緒してまいりました。私にとって初となります才能ある女性演出家・岸本鮎佳さんとご一緒し、お仕事ができることを楽しみにしております。素晴らしい舞台を皆さまにお届けできるよう、共演の皆さまと協力し合い、力を合わせて精いっぱい努めてまいります」とコメントを寄せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ