本文へ移動

【スケートアメリカ】ビンセント・ゾウ、フリーも1位でGPシリーズ初優勝 地元の大声援に歓喜の涙

2021年10月24日 15時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビンセント・ゾウ(AP)

ビンセント・ゾウ(AP)

◇23日 フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第1戦・スケートアメリカ(米国・ラスベガス) 男子フリー
 22日のショートプログラム(SP)で首位にたったビンセント・ゾウ(20)=米国=がフリーでも1位の198・13点をマーク。合計295・56点でGPシリーズ初優勝を飾った。
 地元ファンからの大きな拍手や歓声に演技を開始したゾウは、冒頭の4回転ルッツをきれいに着氷。細かいミスはあったが、7個のジャンプのうち6個でGOE(出来栄え点)を加えるという内容にまとめて、2位の宇野昌磨(トヨタ自動車、中京大)に24・88点差をつけて逃げ切った。
 演技を終えたゾウは、メインコーチの一人として師事している浜田美栄コーチ(61)らとともに座ったキス・アンド・クライで得点を聞き、大きく両腕をあげてガッツポーズ。GPシリーズ初優勝が決まったのを確認して、涙を流した。
 ゾウのGPシリーズの次戦は第4戦・NHK杯(11月12、13日・国立代々木競技場)となっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ