本文へ移動

『大谷翔平以来の日本からの大物』 鈴木誠也を米メディアが深掘り 「きっと大リーグで通用すると思わせてくれるほど、スイングが美しい」

2021年10月24日 15時02分

このエントリーをはてなブックマークに追加
スイングの美しさに米メディアも注目

スイングの美しさに米メディアも注目

 広島の鈴木誠也外野手(27)が今冬にもポスティング・システム(入札制度)でメジャー挑戦する可能性が高くなったと報じられ、米スポーツサイトのプロスペクツライブは「鈴木誠也を深掘り」と題して23日までに特集し「大谷翔平以来の日本からの大物選手。こちらに来れば、大リーグファン全員がエキサイトするはずだ」と評した。
 打撃だけでなく守備力と強肩、走力も強みだと指摘。「ゴールデングラブ賞4度、肩は大リーグでも上位レベル。本職は右翼で大リーグでは中堅もこなせるが、中堅としてはあまりにもったいない強肩のため、右翼が望ましい。スピードもあり、出塁時は投手が気を使わなければならない走者になる」とした。
 もちろん、打撃力も高く評価。「余分な要素をそぎ落としたスイングで、我慢強く球を待つタイプ」と打者としての特徴を表現。「腕力とスイングスピードはリーグ屈指で、腰へのパワー伝達にたけている。素晴らしいスイング軌道から投球への反応速度も速く、そのため内外角のまんべんないコースに対応できる。きっと大リーグで通用すると思わせてくれるほど、スイングが美しい」と高い期待を寄せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ