本文へ移動

2カ月ぶり一発…サトテル佐藤輝明が歓喜のコメント「絶対に負けられない試合」「最高のバッティングができて良かった」

2021年10月24日 14時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤輝明

佐藤輝明

◇24日 広島-阪神(マツダ)
 阪神の佐藤輝明外野手(22)が先制24号3ランを放った。23日の広島戦(マツダ)に続いて「7番・右翼」でスタメン。2回1死一、二塁の第1打席、広島先発・九里の1ボール2ストライクからの5球目、内角高めへの140キロを捉えると、打った瞬間、それとわかる打球が舞い上がった。広島の右翼手・鈴木誠も打球を追わない特大弾だ。
 「打ったのはストレート。絶対に負けられない試合で、つないでチャンスの場面をつくってもらったので、最高のバッティングができて良かったです。チーム全員でしっかり勝ち切れるように頑張ります」
 佐藤輝は阪神の前半戦快進撃を支えたが、後半戦は不振に陥っていた。本塁打は8月19日のDeNA戦(東京ドーム)以来で、実に約2カ月ぶりの一発となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ