本文へ移動

張本勲さんが現役引退の西武・松坂大輔に賛辞「高校を出てすぐに活躍したのは3人くらい。東映の尾崎、西鉄の池永、そして松坂」

2021年10月24日 09時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
引退登板の際の松坂

引退登板の際の松坂

 野球評論家の張本勲さんが24日、TBS系情報番組「関口宏のサンデーモーニング」に生出演。今季限りでの現役引退を発表、19日に現役最後のマウンドに上がった西武の松坂大輔投手に賛辞を贈った。
 VTRで最高球速118キロのラスト登板を見た張本さんは「これだけのピッチャーでも、誰でも通る道なんですよね。90年近く日本プロ野球がありますが、高校を出てすぐに活躍したのは3人くらいだと思うんですよ。東映の尾崎(行雄)、西鉄の池永(正明)、そして松坂だと思う。練習の時に後ろで見てて、このボールはバッターとして打てないなと思ったのはこの3人だけだったと思う」と、‘’平成の怪物‘’を評価した。
 司会の関口宏が「最後は気の毒でしたね。体がね」と感想を語ると張本さんは「みんなそうなんですよ。ご覧になってくださいよ。ほっぺたがポチャッとしているじゃないですか。あれはピッチャーの顔じゃないんですよね。本人はやるだけやったと納得しているんじゃないですか」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ