本文へ移動

銀座通り、歩行者天国に 一宮の路上などで催し、24日も

2021年10月24日 05時00分 (10月24日 09時42分更新)
歩行者天国となり、羊と触れあえるブースなどが並ぶ会場=一宮市栄3で

歩行者天国となり、羊と触れあえるブースなどが並ぶ会場=一宮市栄3で

 一宮市中心部の路上や商店街で二十三日、さまざまな催しが開かれ、店が並ぶ「まちなかウォーカブル社会実験・ストリートチャレンジ」が始まった。二十四日にも開かれる。
 一宮駅東の銀座通りは歩行者天国になり、キッチンカーや物販ブースが並んだ。地元の毛織物産業にちなみ、羊と触れあえるブースも設けられ、人気だった。
 市役所本庁舎周辺では、木曽川の魅力発信に取り組む一宮市の市民団体が...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧