本文へ移動

【浜中俊コラム】藤田菜七子騎手の手綱による鎖骨骨折に驚き…プロテクター改良の必要あるかも

2021年10月24日 07時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
浜中俊

浜中俊

 先週の競馬で、かなり驚いたのが、藤田菜七子ジョッキーが手綱によって骨折したこと。本人から詳しく事情を聴いたわけではないのですが、ゲートを出る時に右の手綱と左の手綱を結ぶ尾錠が当たって、左の鎖骨を骨折したよう。確かに尾錠は金具なので硬いのは硬いですが、それで骨折したという話は、これまで聞いた事がありません。左鎖骨に埋め込んだプレート除去の手術を受けたばかりだったということなので、その影響も少なからずあったのでしょう。
 ただ、鎖骨に関しては、勝負服の中に着用しているプロテクターで保護できていない部分があるんです。首元に余裕をもたせるためですが、今回のようなことがあると、プロテクターを改良する必要があるのかもしれませんね。
 日曜は阪神です。3Rのレッドアクトゥールは調教に乗りましたが、動きは良かったですし、メンバー次第でやれるかも。8Rのシホノディレットは新馬戦は勝ちましたが、まだ成長途上の馬なので、クラス慣れが必要だと思います。12Rのアーバンイェーガーは初騎乗で分からない面はありますが、いい脚を使う馬ですし、展開が向けばチャンスがありそうです。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ