本文へ移動

【中日2軍】三好大倫が”プロ初”満塁弾!140キロ直球を豪快に振り抜き右翼防球ネット直撃

2021年10月23日 20時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回表2死、三好が右越えに満塁本塁打を放つ

4回表2死、三好が右越えに満塁本塁打を放つ

◇23日 秋季教育リーグ「フェニックスリーグ」 中日8―4日本ハム(ひむか)
 中日の三好大倫(ひろのり)外野手(24)が“プロ初”満塁弾を放った。0ー0の4回2死満塁。日本ハム先発・根本の140キロ直球を豪快に振り抜いた。大きな飛球は右翼フェンスを越え、防球ネットを直撃し「真っすぐが来たらしっかり振ろうと思っていた。内側からバットを出せた」と声を弾ませた。
 3回、8回にも内野安打を放ち、今リーグ初の猛打賞もマークした。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ