本文へ移動

【巨人】引退表明の亀井、代打で元同僚・田口と対戦 東京ドームは割れんばかりの拍手

2021年10月23日 17時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回、守備交代し、(左から)高橋、岡本和らと握手する巨人・亀井

6回、守備交代し、(左から)高橋、岡本和らと握手する巨人・亀井

◇23日 巨人―ヤクルト(東京ドーム)
 今季限りでの現役引退を表明している巨人の亀井善行外野手(39)が代打で登場し、三塁ゴロだった。
 左足ふくらはぎの打撲で13日に1軍選手登録を抹消されていた亀井だったが、最短の10日でこの日再登録されると、6―1で迎えた5回1死満塁の好機に先発菅野の代打で打席に。名前がコールされると東京ドームは割れんばかりの拍手に包まれた。菅野も原監督に声をかけられ交代を告げられると亀井と抱き合いベンチに下がった。
 ヤクルトも今野に代え、今季開幕前まで亀井と同僚だった田口をマウンドへ。亀井は田口の2球目を打ち三塁ゴロで三塁走者を返すことはできなかった。この回の攻撃が終了し、一塁走者の亀井がベンチに帰ると再度東京ドームは温かい拍手が湧き起こった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ