本文へ移動

吉岡里帆「むき出しの方と出会いたい」 “大人の文化祭”実行委員長に就任

2021年10月23日 15時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
実行委員長に就任した吉岡里帆

実行委員長に就任した吉岡里帆

 演劇界の新たな才能を発掘して全国に発信することを目指して開催される「関西演劇祭2021」(11月20~28日、大阪・クールジャパンパーク大阪SSホール)の発表会見が23日、東京・よしもと有楽町シアターで行われ、女優の吉岡里帆(28)が実行委員長に就任することが発表された。会見には吉岡のほか、フェスティバルディレクターをつとめるタレントの板尾創路(58)、スペシャルサポーターの行定勲監督(53)らが出席した。
 同演劇祭は今年で3度目の開催で、実力で選ばれた10の関西小劇団が参加。吉岡は学生時代に関西の小劇場で活動していたことから委員長に抜てきされた。
 吉岡は「大人の文化祭のようで、楽しい演劇祭になりそうですので、新しい魅力を発信して、まずは演劇を楽しむことを心から努めていきたいと思います」とあいさつ。参加劇団に対しては「いびつなものとか、演者が心から思って発しているエネルギーに出会った時すごく感動するので、むき出しで作品に向き合っている方と出会いたい。そこが一番楽しみ」と期待した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ