本文へ移動

名古屋グランパス、負傷者続出… 米本と阿部が戦列を離脱 指揮官は過密日程を問題視

2021年10月23日 14時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
名古屋・フィッカデンティ監督

名古屋・フィッカデンティ監督

 名古屋グランパスのフィッカデンティ監督は23日、MF米本拓司(30)とMF阿部浩之(32)が故障で戦列を離れていると明かし、過密日程が遠因となった可能性を指摘した。
 米本は右膝のけがで「4~5週間くらいかかるのかな、と思っている」と指揮官。阿部については「手術をするというレベルのことをして、今復帰できるように努力している」と、重傷であることを明かした。
 フィッカデンティ監督は2人の故障に関連して「直接的には1つのプレーがきっかけとなるが、コンディションをずっと保つという意味では絶対に影響があるということを、常に頭に入れなければいけない」と、疲労の蓄積が故障につながった可能性を指摘。「グランパスだけではなくほかのチームも、この日程の中でずっとサッカーを続けるということが選手たちの寿命を縮めるというところに直結しかねない。名古屋がどうこう、という言い訳ではなく、そういったものにわれわれも影響を受けている」と、シーズンを通して続く過密日程を問題視した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ