本文へ移動

高木美帆が1000メートル5連覇 小平奈緒は2位【スピードスケート全日本距離別】

2021年10月23日 14時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高木美帆

高木美帆

◇23日 スピードスケート全日本距離別選手権(長野市、エムウエーブ)
 女子1000メートルは2018年平昌五輪1500メートル銀メダルの高木美帆(27)=日体大職=が1分14秒60で優勝し、5連覇を達成した。同五輪1000メートル銀メダルで前日の500メートルを制した小平奈緒(35)=相沢病院=は1分15秒65で2位、山田梨央(24)=直富商事=が3位に入った。
 高木美は前日のレースを終え、この日の1000メートルと24日の1500メートルについて「勝負のレースとなる。北京オリンピックを見据えた時、少しでも質を上げられるようにしたい」と話していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ