本文へ移動

箱根駅伝初出場「駿河台大」がトレンド入り「『するがだい』?『するがだいだい』?」正月の実況を早くも気にする声も

2021年10月23日 12時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
駿河台大・徳本一善監督

駿河台大・徳本一善監督

 第98回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の予選会が23日、東京・立川市陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース(21・0975キロ)で行われ、駿河台大がチーム上位10人の合計タイムで8位の10時間44分47秒で初出場を決めた。ツイッターでは「駿河台大」がトレンド入りし、祝福や驚きの声が相次いだ。
 「駿河台大学、初の箱根! 徳本監督! 楽しみだわ! おめでとうございます!」「駿河台大学、ついに!! 他の大学の方々もおめでとうございます」「駿河台大学って飯能にあるのか」
 ほかに「実況の時に駿河台大学のこと、『するがだい』って言うのかな? 『するがだいだい』って言うのかな? とにかく初出場おめでとうございます」などと早くも本戦を気にする声も上がった。
 駿河台大は1987年創設。埼玉県飯能市のキャンパスがあり、学生数は4243人(21年5月1日時点)。法大出身の箱根ランナー徳本一善監督(42)の就任10年目で、悲願の箱根路を射止めた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ