本文へ移動

国内最大級のペットボトル資源化工場が一部稼働開始 津、協栄J&T環境

2021年10月23日 05時00分 (10月23日 12時53分更新)
新しく稼働したフレーク製造工場=津市雲出鋼管町で(協栄J&T環境提供)

新しく稼働したフレーク製造工場=津市雲出鋼管町で(協栄J&T環境提供)

 協栄J&T環境(津市)が同市内に建設を進めてきた、使用済みペットボトルを資源化する国内最大級の工場の一部が完成し、二十日に稼働を始めた。工場全体の稼働は来年二月を予定している。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧