本文へ移動

石川遼、来季下部ツアー出場ならず 予選2次Tで敗退「目指すところは変わらず米ツアー」継続して挑戦を表明【米男子ゴルフ】

2021年10月23日 11時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
石川遼

石川遼

 【ミュリエタ(米カリフォルニア州)テッド・ムース】来年の米下部ツアー参戦をかけた出場予選会2次トーナメントの最終日が22日、全米4カ所であり、当地のベアクリークGC(パー72)で出場した石川遼(30)=カシオ=は72、通算4アンダーのままで35位だった。11月の最終予選会に進めるのは通算9アンダー、13位タイまでの19人となり、石川は敗退した。
 29位から開始した石川は、5つバーディーを奪ったが、3ボギー、1ダブルボギー。2番で60センチにつけてバーディーを先行させたが、5番と6番は連続3パットでボギーに。9番パー5はドライバーショットを左に曲げて茂み(赤くい)に打ち込み、打ち直しも左で4打目は出すだけ。痛恨のダボにした。後半は懸命に取り返そうとし、18番は3メートルを沈めてバーディーで終えたが、ボーダーラインには及ばなかった。
 ホールアウト直後は悔しそうにうつむいたが、報道陣には丁寧に応対した。「悪いところが全部出てしまった。9番は打ちにくいホールで、前日までは3番ウッドで打っていたが、きょう5アンダーで回れたらチャンスがあったし、逆風だったので、(攻める気持ちで)ドライバーを使った。あのティーショットは今後に生きていくと思う」と説明した。
 今後は「目指すところは変わらず米ツアー。先のことは考えていないが、どんなルートをたどっても力があれば行けると思う。今は悔しいは悔しいけれど、めちゃくちゃ楽しい。今の実力でごまかさず、正面からぶつかれた。1年後に成長できているよう、今に目を背けないでしっかり向き合っていきたい」と、継続して挑戦していくことを表明。今年の日本ツアー残り試合については「まだ全然決めていない。いつ日本に帰るかも決めていない」とした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ