本文へ移動

大平さん「懸命に演じたい」 朝日町出身の女優 泊高記念動画へ抱負

2021年10月23日 05時00分 (10月23日 10時40分更新)
メモリアル動画に主演する大平有沙さん(中)と笹原靖直町長(左)、木村博明教育長=朝日町役場で

メモリアル動画に主演する大平有沙さん(中)と笹原靖直町長(左)、木村博明教育長=朝日町役場で

 本年度限りで閉校になる泊高校(朝日町)の最後の姿を伝えるメモリアル動画に主演する町出身の女優・モデルの大平有沙さん(26)=東京都在住=が二十二日、町役場を訪ね、笹原靖直町長や、大平さんが入善高校時代に校長だった木村博明教育長と懇談した。
 町は中高連携推進事業として毎年、著名人の講演会を開いている。最後の今年は富山市出身の映画監督、坂本欣弘監督(35)が講師に決まり、五分程度の動画二本を撮影することになった。うち一本の主役を大平さんが演じる。
 大平さんは「高校時代の記憶は一番輝いている。生徒の心にいつまでも残るよう、懸命に演じたい」と抱負を話した。動画の収録は二十三、二十四日に行われる。(松本芳孝)

関連キーワード

おすすめ情報

富山の新着

記事一覧