本文へ移動

“東都のエース”の誇り胸に浜野谷奮闘誓う・SGボートレースダービー開幕迫る‼︎

2021年10月23日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加

地元での大一番に熱く燃える浜野谷憲吾

 ドラマがある予感しかしない。人気のバロメーターでもあるオールスターは現役1位の25年連続出場中。勝っても負けてもファンから支持を得る“東都のエース”は、オーシャンカップで14年ぶりのSG制覇を果たし、今年の獲得賞金は1億円の大台をすでに突破。3年ぶり13回目となるグランプリ出場に当確ランプが灯る。
 SG初出場は1996年のこの大会。5日目4、7Rで転覆と1日に2回も転覆する派手なデビューで全国のボートファンに名を知らしめた。SG初優勝も98年のダービーと、浜野谷にとってはいろいろな思い出が刻まれている大会だ。そして、9年ぶり出場となるダービーの舞台は平和島。地元エースとしての存在感をきらびやかに放ち、初日メインカードは6号艇で登場する。完全に目を覚ました眠れる獅子が大仕事をやってのけるか。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ