本文へ移動

【ヤクルト】マジック3、最短Vで本拠地胴上げ再現へ23日から巨人と2連戦

2021年10月23日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤクルト・高津監督

ヤクルト・高津監督

 6年ぶりのリーグ制覇へマジック3。ヤクルトが2015年以来の本拠地胴上げを再現する戦いに挑む。
 残り5試合。神宮球場での試合は最短Vとなる24日の巨人戦、雨天中止となった22日の広島戦の振替日のみだ。23日からは、ここ6試合負けなしで4連勝中の巨人と2連戦。その対戦で一気に決めたいところだ。
 8日にマジック11を点灯させてから2週間。歓喜の瞬間が目前に迫るチームは、優勝へのプレッシャーなのか足踏みが続いている。ここ5試合、1勝3敗1分け。21日の広島戦(神宮)で1分けを挟んだ10月初の連敗を喫した。
 その試合後だった。高津監督は「もう先は見えている。全力で戦うだけ」と強調。残りわずかとなったVロードで「精いっぱい、全力プレーをしてくれたら、それでいい」と言葉を継いだ。
 指揮官が求めたハッスルプレーでの勝利。キーマンは若き主砲・村上だ。21日の広島戦では2安打で4打点の荒稼ぎ。ともに7試合ぶりとなるマルチ安打と打点をマークした。指揮官は復調をアピールした打線の大黒柱に「中心がしっかりすると点が取れる」とさらなる活躍に期待を込めていた。
 雨で試合が流れたこの日は、神宮外苑の室内練習場でトレーニングを実施。最短Vを目指す2連戦に備えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ