本文へ移動

【中日】勝野悔やむ初回4失点「また同じことをしてしまいチームに申し訳ない」

2021年10月22日 21時27分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回裏を終え、ベンチに戻る中日勝野

1回裏を終え、ベンチに戻る中日勝野

◇22日 DeNA4―2中日(横浜)
 中日の先発・勝野昌慶投手(24)が初回に4失点を喫した。
 初球の直球をDeNAの先頭・桑原に右翼ポール際へ放り込まれるなど、1イニングで5安打で4失点。前々回登板の9月9日・広島戦(マツダ)でも初回に3失点。2軍落ちにつながった。昇格後2度目のマウンドで立ち上がりに再び失点し「また同じことをしてしまい、チームに申し訳ないです」と語った。2回以降は無失点で6回まで投げ抜いただけに、もったいない立ち上がりだった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ