本文へ移動

中日根尾プロ初の猛打賞に待ちわびた竜党号泣歓喜 全得点たたき出し「やはり華がある」「活躍に涙止まらない」

2021年10月22日 21時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回表無死二塁、根尾が左前適時打を放ち猛打賞

9回表無死二塁、根尾が左前適時打を放ち猛打賞

◇22日 DeNA4―2中日(横浜)
 中日・根尾昂内野手(21)が7、9回の打席で連続適時打を放ち、チームの全得点をたたき出した。5回にも安打を放っており、プロ初の1試合3安打の“猛打賞”も記録した。
 SNSでも「根尾くん猛打賞☆」「やっぱり君が輝くとチームが勢いにのるよねぇ~」「根尾くんの活躍に涙が止まらない」など歓喜の声が相次いだ。
 このほかにも「成長が感じられますね。素晴らしい。やはり華がある選手です」「来季に向け、飛躍のきっかけを掴んで欲しいです」「与田監督も自分でくじを引いて活躍した根尾が目の前で活躍してる姿見れて嬉しいやろな」と飛躍を期待するコメントが続々と。
 この日は高松渡内野手(22)もプロ初の1試合3安打。「根尾くん高松くん、初の猛打賞おめでとう!」「試合は負けとるけど根尾くんと高松くんめっちゃ良いやん」「高松、根尾の若手二遊間が同じ試合で両方プロ初猛打賞を記録しました。根尾、本当に名実ともにスターになってくれ!」と、試合は敗れたものの竜党のボルテージは下がらなかった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ