本文へ移動

中学3年から1日8食で25キロ増!中京・長瀬悠希が勝利の立役者【高校野球岐阜県大会】

2021年10月22日 17時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
岐阜第一に勝利し喜びを分かち合う中京の瀬戸(左)と長瀬の投打のヒーロー

岐阜第一に勝利し喜びを分かち合う中京の瀬戸(左)と長瀬の投打のヒーロー

◇22日 高校野球秋季岐阜県大会準決勝 中京4―1岐阜第一(岐阜市・長良川球場)
 中京は岐阜第一を4―1で破り決勝進出、3年ぶり24回目の東海大会出場を決めた。もう1試合は大垣日大が県岐阜商を8―2で下し、3年ぶり13回目の東海大会進出となった。決勝と3位決定戦は23日に同球場で行われる。
     ◇
 中京は長瀬悠希(2年)が6回に左翼へ勝ち越しとなる決勝ソロ、8回にダメ押しの左前適時打を放ち、勝利の立役者となった。
 20日の準々決勝前には調子を落としていたのを見かねて、橋本哲也監督自らおよそ20分間、打撃投手を務めた。通常より前の位置から、時折、体にぶつかりそうなボールもあったという。
 その成果が出て、「監督に勢いをつけてもらいました」と喜んだ。中学3年の夏から1日8食食べるようにし、25キロも体重を増やしたそうで、「長打力を買われていると思うので、打って貢献していきたい」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ