本文へ移動

黒田如水柿の収穫最盛期 木之本の生産組合、特産品化目指す

2021年10月22日 05時00分 (10月22日 15時19分更新)
ハサミを使って黒田如水柿を収穫する農家=長浜市木之本町黒田で

ハサミを使って黒田如水柿を収穫する農家=長浜市木之本町黒田で

 長浜市木之本町黒田で、「地元の特産品に」と農家が意気込む太秋柿(たいしゅうかき)の収穫が最盛期を迎えた。柿は、三英傑・豊臣秀吉の参謀として名高い黒田官兵衛(のちの黒田如水(じょすい))を輩出した黒田家発祥地ということで、「黒田如水柿」と名付けたふるさと自慢の品だ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧