本文へ移動

早大2年の古瀬健樹さんが日本協会A級公認レフリーに認定 東福岡高時代はラグビー部に所属せず 夢はW杯

2021年10月22日 11時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
近鉄-栗田工業戦をさばいた19歳の古瀬レフェリー(右から2人目)

近鉄-栗田工業戦をさばいた19歳の古瀬レフェリー(右から2人目)

 早大ラグビー部は21日、2年生の古瀬健樹(かつき)さんが2021年度日本協会A級公認レフリーに認定されたことを公式サイトで発表した。A級公認レフリーは日本協会主催のすべての試合を担当できる。
 古瀬さんは東福岡高出身だが、ラグビー部には所属せず中学生の練習試合などでレフリーを務めていた。学業成績はオール5で、早大商学部に進んだ後はレフリーのコースがあるラグビー部に入部。昨年はトップチャレンジリーグで笛を吹いて話題になった。
 古瀬さんは「まずは1月から始まるリーグワンに向けてしっかりと準備していきたいと思います。そして将来ラグビーワールドカップの舞台にレフリーとして立てるように努力していきたいと思います」とコメントしている。
 日本協会が21日に発表したA級公認レフリーは古瀬さんら新規7人を含め男子は29人、女子は1人。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ