本文へ移動

【ラグビー】日本代表と23日激突、豪州フーパー主将は昨季トヨタでプレー 同僚だった滑川剛人が副審を務めることに「素晴らしい経験になる」とエール

2021年10月22日 11時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーストラリアのフーパー主将とトヨタでチームメートだった滑川(左)=5月のトップリーグ準決勝で

オーストラリアのフーパー主将とトヨタでチームメートだった滑川(左)=5月のトップリーグ準決勝で

 23日に昭和電工ドーム大分でラグビー日本代表と対戦するオーストラリアのマイケル・フーパー主将(29)が22日、試合前日練習を前にオンラインで会見した。
 フーパーは昨季、トップリーグのトヨタ自動車でプレー。「日本のラグビーはここ数年で急激に成長している。ボールを動かすスピードは素晴らしい。我々にとってもチャレンジだ」と日本を高く評価。「ナンバー8の姫野は同じトヨタに在籍していた。姫野はニュージーランド(ハイランダーズ)に行っていたから一緒にプレーする機会はなかったけど、ボールを持って前に出る力でもフィジカルでも素晴らしい選手だ」と対戦を心待ちにしている様子。
 また、この試合ではやはりトヨタでチームメートだったSH滑川剛人(31)が副審(アシスタントレフェリー)を務めることになった。フーパーは「そのことは聞いたよ。とても楽しみだ。ナメは素晴らしい人間だし、きっといいレフェリーになる。テストマッチで線審を務めるのは彼にとっても素晴らしい経験になると思う」とエールを送った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ