本文へ移動

忍術や道具操り忍者学実践 伊賀山中で三重大院生が受講

2021年10月22日 05時01分 (10月22日 12時19分更新)
道場で川上さん(左)から忍者の動きの指導を受ける学生たち=伊賀市石川で

道場で川上さん(左)から忍者の動きの指導を受ける学生たち=伊賀市石川で

  • 道場で川上さん(左)から忍者の動きの指導を受ける学生たち=伊賀市石川で
  • 道具を使ってがけ登りに挑戦する学生=伊賀市石川で
 三重大大学院で忍者を専門に研究する学生が、忍術などを体験し会得する「忍者学実践特講」の授業が伊賀市石川の山中であり、忍者の動きや道具の使い方を実践して学んだ。学生たちは「実際に体を動かしてみないと気づけない伝承との違いがあった。古文書は懐疑的に読んでいかないといけないと感じた」と理解を深めた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧