本文へ移動

<コロナ禍と飛騨> 防護衣付け虐待家庭立ち入りを訓練

2021年10月22日 05時00分 (10月22日 11時51分更新)
コロナに感染した家庭で虐待を受ける子どもを、保護する訓練を行う参加者ら=高山市丹生川町で

コロナに感染した家庭で虐待を受ける子どもを、保護する訓練を行う参加者ら=高山市丹生川町で

 児童虐待への対応力強化を目指す関係者の研究会が21日、高山市丹生川町の丹生川支所総合防災センターで開かれた。飛騨子ども相談センター(同市千島町)や飛騨地域3市1村の職員、飛騨3署の警察官ら19人が参加し、新型コロナウイルスに感染した可能性のある家庭の子どもの保護を想定した、立ち入り調査の訓練などに取り組んだ。 (八重樫智)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧